腎臓病の改善方法|医師と相談してしっかり治療を行なおう

男女

腎臓の改善法

医者と看護師

腎臓病は、現在糖尿病などの合併症の一つとしても増えている病気です。重症化すると治癒が難しくなるため、早めの対策が必要となります。昨今では内臓トレーニングを呼ばれる方法が登場しており、腎臓病の改善にも期待がもたれている状況です。

詳細へ

早期治療と食事療法が大事

微笑む老夫婦

腎臓病は症状が進行する前であれば早期治療によって悪化を食い止めることができます。それには病院で治療を受けながら食事療法に取り組むことが大切です。腎臓病の人は塩分とタンパク質の過剰摂取に気をつけましょう。

詳細へ

5つの生活習慣を守ること

カウンセリング

自覚症状がない病気

腎臓病の恐ろしいところは明確な自覚症状が出にくい点です。自覚症状がはっきりあれば病院で検査できるのですが、腎臓病はそれが出にくいので見過ごしてしまうことが多いのです。腎臓病にかかると完治するのが難しくなるので、できれば普段の生活の中で予防することが大事です。5つの生活習慣を守ると腎臓病を予防できます。それは禁煙すること、体重管理をすること、飲酒を控えること、適度な運動をすること、食事に気をつけることの5つです。禁煙はガンの発生源とも言われているので、思い切って禁煙することが大事です。食事は1日3食をきちんと食べ、暴飲暴食をしないこと、塩分を取りすぎないことが重要です。この5つの生活習慣を守ると、腎臓病だけでなく脳卒中や心臓病やガンなどの予防効果もあることがわかっています。

腎機能低下の原因を治療

腎臓病の特徴は、慢性化してしまうと完治が期待できないという点です。その意味からも初期症状を見逃さないで早期発見早期治療をすることが大事になります。しかし慢性化したとしても、食事療法と薬物療法によって病気の進行を食い止めることができます。残された腎臓をやさしく労れば、残された腎機能を長持ちさせることができるのです。腎臓病の治療の特徴は腎機能が低下した原因を探って、その原因となっている病気の治療を行うという点です。例えば糖尿病が原因となっている場合は、食事療法によって血糖をコントロールさせます。腎硬化症の場合は原因となる高血圧や動脈硬化などを、食事や禁煙などで治すことから始めます。腎臓病の治療は患者個人だけでなく、家族の協力も必要になります。

腎臓の役割や検査の必要性

相談

腎臓は体内の老廃物を取り除いて血液をきれいし、老廃物を尿として体外に排出する大切な役割があります。腎臓病は成人病とも深いかかわりがあると言われていますが、自覚症状が出ない人もいるので、定期的に健康診断を受けることが重要になります。

詳細へ