腎臓病の改善方法|医師と相談してしっかり治療を行なおう

3人の看護師

腎臓の役割や検査の必要性

相談

腎臓の役割や今後の動向

人間の体は様々な臓器で構成されていて、それぞれに大切な働きをしています。生命を維持するためには口から食べ物や飲み物を摂取して必要な栄養素を補いますが、体内で必要のないものは老廃物として便や尿になり排出されます。腎臓には余分なものを老廃物として尿にするなどの役割がありますが、この働きが低下すると腎不全や尿毒症などの腎臓病を引き起こす危険があります。また、成人病として知られている糖尿病や高血圧などが腎臓病を引き起こす危険因子の一つとなると考えられています。現在では子供のうちから偏った食生活や不規則な生活を送っている場合も多く、成人病の低年齢化が進んでいるので、腎臓病を発症する人も増加傾向になることが予測されます。

健康診断の大切さ

腎臓病の症状としては、体がむくんだり尿にたんぱくや血液が混じることがあるのが特徴ですが、軽度のうちは自覚症状がないのも特徴です。しかし、知らず知らずに症状が進行していくと、慢性の腎不全になってしまったり尿毒症などになってしまう恐れがあるので注意が必要です。尿にたんぱくや血液が含まれているかは自分では判断が難しいものなので、定期的に健康診断を受けてチェックすることが大事です。一般的な健康診断では必ず尿検査が実施されていて、たんぱくや血液などが含まれていないかがチェックされています。腎臓だけではなく、他の臓器においても機能が弱っていたり異常があっても自覚症状が感じられない場合も多いので、早期に発見するために健康診断はとても重要です。